オーラパールの成分に研磨剤あり!?

オーラパールの成分に研磨剤あり!?

 

研磨剤というと、正直なところ悪い印象しかないですよね…

 

「エナメル質を削るし良くない!」
「歯にヤスリをかけるような危険な印象がある…」
「安物の歯磨き粉に多い気がする」

 

じゃあ、オーラパールにはその研磨剤が含まれているんでしょうか。
成分表を見て実際に調べました!

 

オーラパールの成分一覧

【溶剤】
【有効成分】薬用ハイドロキシアパタイト、塩化ナトリウム、ゼオライト、マクロゴール400(PEG-8)、塩化リゾチーム、グリチルリチン酸、ε(イプシロン)-アミノカプロン酸、塩化セチルピリジニウム、イソプロピルメチルフェノール
【潤滑剤】濃グリセリン
【基材】無水ケイ酸
【可溶剤】グリセリン脂肪酸エステル、ラウロマクロゴール
【粘結剤】CMC-Na
【香味剤】香料(マリンミントタイプ)
【安定剤】酸化Ti
【発泡剤】ラウトイルメチルタウリンNa
【清涼剤】メントール
【矯味剤】チャ乾留液、アスパラギン酸、セリン

 

これを見る限り、どうやら【基剤】に含まれる無水ケイ酸が研磨剤に当たるようです。

 

つまり、オーラパールの中に研磨剤は含まれています

 

「え…じゃあオーラパールは危険なんじゃ…?」

 

って思ったんですが、1本使い切ってみてとくに歯が薄くなったとか黄ばみがひどくなったってことはありませんでした。

 

もちろん歯が沁みるとか知覚過敏特有の症状も無いです。

 

ただ、不安だったので知恵袋や歯医者の意見が載っているブログなどをみましたが、どうやら無水ケイ酸は粘結剤として使われるケースも多いようです。

 

粘結剤っていうのは文字通り液体を固めるために使われているものです。
たとえばチューブから歯磨き粉を出したとき、粘結剤が一切なければ水のように歯ブラシからこぼれ落ちちゃいますよね。

 

CMC-Naという粘結剤も含まれていますが、無水ケイ酸は研磨剤だけじゃなく、粘結剤としても使われているのかもしれません。

オーラパールの公式ページに気になることが…

ちなみに、オーラパールの製造メーカーの公式ショップページを見ると、研磨剤が含まれているのは認めてますね。

 

ただ、研磨剤は歯垢やステインを落とすのに不可欠で、正しいブラッシングをすれば歯を傷つけることはないとのこと!

 

…まぁ、たしかに言われてみればわたしもけっこう昔に歯医者で似たようなことを言われたことがありました。

 

わたし
「やっぱり、研磨剤は歯が削れて危険だから、歯科医の方ってそういうのが無い歯磨き粉を使ってるんですか?」

 

担当歯科医
「うーん、研磨剤がどうこうより、ブラッシングのほうが大事だと思いますけどね〜、ぶっちゃければ研磨剤入りだろうとナシだろうと、正しいブラッシングとフロス(歯間ブラシ)、あればワンタフトブラシを使えば大丈夫だと思いますよ。」

 

で、スクラビング法バス法っていう歯の磨き方をすることが大事とも言われました。

 

 

わたしがオーラパールを使ってもとくに問題がないのは、その歯磨きの仕方も関係あるのかもしれません。

 

危険性はともかく、個人的には使ってみてわかった結果がすべてだと思っていますし、オーラパールは今後もしばらく続けていくつもりです(^^*)

 

>>研磨剤が入っていないホワイトニングが欲しい方へ…『ちゅらトゥースホワイトニング』